食べ歩き日記③カフェオニワ(Cafe ONIWA)

未分類 2019年7月1日

その御伽話の中の世界に迷い込んでしまったかような、ヘンゼルとグレーテル気分を味わえるカフェは東京から一時間くらいで行ける千葉県野田市にありました。

テレビでみて行ってみたいと思っていたこのお店、 何より素敵なのは、外観もですが中で可愛らしい椅子に座って眺める窓風景。6月ということもあり、生い茂った木々の緑色が黄色い陽の光と混じり、万華鏡をのぞいているよう美しさです。

私は杏仁とキウイのパフェと、季節のフルーツのソーダ、マサラチャイを頂きました。どれも、手作りの温かさを感じる味。

また明日から頑張りたい。そんな気持ちになるにはたまに、自然の中に身を置いて余計なことを考えず整理する時間が必要だなと思っているのですが、そんな時に最適なお店だなと思ったのでした。。

行った場所

カフェ オニワ Cafe ONIWA

千葉県流山市東深井534-2

食べ歩き日記②千葉県流山Tronc(トロン)のパフェ

未分類 2019年6月25日

都会の洗練された空間もいいけれど、たまには自然があって、木の温もりを感じる

心落ち着く空間に囲まれたいと不思議と思ってしまう私です。

そんな、癒されたいとに助けを求めるように訪れるのが、千葉県流山にあるカフェトロン。

蔵をリノベーションされた心がほっとする空間で、素晴らしいデザートと紅茶を飲んでると

なんだかふるさとの森でのんびり過ごしていたあの頃の一瞬戻ったきになれるのです。

何より、素晴らしいのが、デザートのクオリティ。

洗練された見た目に、ひとつひとつの素材が本当に丁寧に扱われていて、一口一口に驚きがあるのです。

ケーキはいつも売れ切れで食べれたことがないのですが、16時以降だと注文が入ってからアセットデゼールが楽しめます。

今月はアメリカンチェリーといちじくのパフェ。スパイスの香りに、チェリーの断面がキャラメリゼされたようにパリッとして、シャーベットの味もこれは果物でしょってくらいのジューシー感、そのほかにも諸々、、、全部食べていて楽しいのですよね。。

なんて熱く語ってしまいましたが、東京以外にもいろんなところにステキなものや場所はあるんだなあと再発見した次第です。

食べ歩き日記① 千疋屋のクラウンメロンパフェ

未分類 2019年6月21日

まだ夏とは言えないけれど、東京は地球温暖化のせいかすでに猛暑、夏気分です。

ということで、ついつい夏気分で、銀座千疋屋やメロンパフェ。

しかもただのメロンじゃないんです。マスクメロンの最高峰のキングofキングのクラウンメロンのパフェ。

メロンの果実感、甘さはいうまでもなく、しかも喉にキンとならない上品さ。

メロンアイスとクリームのバランスもちょうどいい。

たまにこんな幸せを楽しむのもいいですね。

余談ですけど、

銀座千疋屋は竹久夢二さんがデザインなどてがけていたのですね。素敵すぎる。

さらに余談だけど、フルーツポンチも銀座千疋屋生まれ。

キャッチコピーの「生まれは大正十二年の冬。銀座千疋屋生まれのプリマドンナ」てもう最高にクールだなと思ったのでした。

Profile

未分類 2019年5月19日

Yuki Kodaira/イラストレーター

八ヶ岳山麓のお膝元、長野県原村出身。

食べ物イラストを中心にイラストを制作活動を行なっていますta

美味しいものは毎日を少し温かい気持ちにしてくれる。

食べ物イラストやフードイラストなどを、中心に活躍するイラストレーターです。

お仕事やご依頼、ご相談は、メニューの問い合わせフォームからご連絡ください。

食べ物イラスト、ごはんイラスト、スイーツイラスト、料理イラスト、植物、動物、人物など

2018年 パレットクラブスクール21期卒業